中高年の転職を成功させよう

中高年も転職を考える時代になりました。以前は同じ会社を最後まで勤めあげる人が多かったのですが、今の時代は若年層であろうが中高年であろうが関係なく職探しをしなければいけない時代になったのです。ところが、中高年は求人数が少ないと思っている人が多いようです。若い新卒者ですら就職難の時代なのに中高年にいい仕事があるはずがない。そう思い込んでいるのではないでしょうか。

しかし現実には新卒者も中高年も、求人はあります。ただ、それがうまくマッチしていないだけなのです。特に中高年は長年の熟練した技術を持っていたり、管理職としてチームをまとめる仕事をしていたりといったキャリアが豊富です。そういった能力を即戦力として求めている会社がたくさんあります。技術系でも管理職でも、求めている会社がある限り転職は実現します。

中高年が転職を成功させるためには、そういった自分の強みをアピールして、求める会社とうまくマッチさせることが大切です。とは言うものの日本に会社はたくさんあって、その中でも特に自分が持つ能力を求める会社はどこかを探すのは気が遠くなる作業です。そこで求人サイトなどを利用して、効率よく転職活動を進めるといいでしょう。

自分で一から求人情報を探すのは大変です。求人サイトや転職サイトに登録してみましょう。そこにはいろいろな年代の求人が集まっています。中には若年層向けの求人サイトもありますが、中高年や40代以降の年代に特化した求人を多く扱っているサイトもあります。また求人サイトなどのアドバイザーは、企業の求人担当者と多く接しています。そのため登録した人のキャリアなどを見て、すぐにその人に合う求人を紹介できるのです。登録は簡単にできるので、やってみるといいですね。

求人サイトをうまく利用するには、自分の強みをたくさん書き出すことです。自分の経歴や資格、キャリアなどが多ければ多いほどアドバイザーはそれに見合う求人を紹介できます。「こんなことは大したことではない」と思っていても、まずは出してみましょう。そういうキャリアを求めている会社があるかも知れません。転職に遠慮は禁物です。少々強気で攻めるのがコツだと言えます。